香港とか子育てとか

香港在住の主婦が現地での生活や子育てについて書いてます。

水筒で見る文化の違い

どうも、お久しぶりです。
気づいたらもう5月も半ば。
こちら香港はもう夏です。

 

さて、我が家には4本、
子供用のストロー付水筒があります。
購入場所は、

・中国本土×1
・香港×1
・日本×2

ある日、洗っているときに、
日本で買ったものと、それ以外では
構造が違うことに気づきました。

バラバラにした写真がこちら↓(購入順)

①中国本土のスタバで購入

f:id:snow0625:20190515233353j:image

②香港のスーパーで購入


f:id:snow0625:20190514174344j:image

③日本のスーパーで購入


f:id:snow0625:20190514174358j:image

④日本のAmazonで購入


f:id:snow0625:20190514174412j:image

 

 

お気づきでしょうか?
中国(香港含む)で購入したものは
パッキンとストローが一体化しているんです。
①と④はメーカーは同じTHERMOSなのに
卸先によって仕様が違うとは…

 

日本人はきれい好きだからかな?
パーツが分かれていた方が洗いやすいし
乾きやすくて清潔に保ちやすいですよね。
一方、パーツが少ないと
洗うときの手順が少なくて楽です。
個人的にはパーツが少ないほうが好きです(笑)
細かいところを洗うブラシも色々ありますしね。

 

中国向けTHERMOSは

端が斜めでクリア泡スプレーが使えないのが

ちょっと不満(笑)

 

と、いうことで、パーツが少ない水筒がお好みなら

香港で購入することをおすすめします!

Toy Storyの3マッチパズルをやってみた

最近やたらと【Toy Story Drop!】という新しいアプリの広告を見かけます。

個人的に3マッチパズルというジャンルのゲームが好きなもので

【LINEポコポコ】や【アナと雪の女王:Free Fall】をよくプレイしています。

【Toy Story Drop!】も同じく3マッチパズルのようなので

試しにダウンロードしようとPlayストアを開くと…

 


f:id:snow0625:20190316204938j:image

 

あれ?ない。

 

これねぇ、よくあるんですよ…。

日本のPlayストアじゃ見つからないけど香港のPlayストアにあるはず…!!



f:id:snow0625:20190316205208j:image
f:id:snow0625:20190316211303j:image

 

やっぱりあったー!

(画像はダウンロード後です💦)

あれだけ広告出してるのにまさかのベータ版😮

それでもやりますけどね😏


f:id:snow0625:20190316205336j:image


f:id:snow0625:20190316205438j:image

 

正直、私、トイ・ストーリーは詳しくないのですが

なんだかテンション上がります。

 

👇マップはこんな感じ
f:id:snow0625:20190316205500j:image

 

スタート!
f:id:snow0625:20190316210506j:image

ちょうどウッディが瞬きしてる😂

 

👇プレイ画面
f:id:snow0625:20190316211118j:imagef:id:snow0625:20190316211543j:imagef:id:snow0625:20190316211550j:image

ブロック?ドロップ?もかわいい。

一気に消してくれる特別なやつは

ロケットだったりボールだったりいちいちかわいい。

使ったときのエフェクトも賑やか。

特にミラーボールはキラキラ豪華。

 


f:id:snow0625:20190316212033j:image

バッテリーを集めると特別なステージがオープンして、

それをクリアすると更にマップが広がります。

 

特別なステージにはレックスとハムが出てきました。


f:id:snow0625:20190316212530j:imagef:id:snow0625:20190316212543j:imagef:id:snow0625:20190316212550j:image

全部英語でございます😓

 

👇クリア後

f:id:snow0625:20190316212751j:imagef:id:snow0625:20190316212803j:imagef:id:snow0625:20190316212807j:image

 

マップが広がったのでぐんぐん進みます。


f:id:snow0625:20190316212908j:image

 

この先どんなステージが待っているのか楽しみです😁

 

 

日本在住の方でも、Googleアカウントを香港で作ったことがあれば、ダウンロード可能です。

(Androidであれば。iOSの場合は香港発行のクレジットカードかiTunesカード?がないと無理なはず…)

アプリによってショップの切り替えが必要なのは若干面倒な気もしますが、

色んなアプリが楽しめるのでいいですね。

私は旅行に行ったときに、無駄にアカウント作ったこともあります😅

また今度アカウントの切り替え方法を書いてみようと思います。

今日はこれにて。

香港での出産を決意するまで(日本編)

初産で海外なんてすごいね、とよく言われるので
香港での出産を決意するまでのことを
つらつらと書いてみようと思います。


私の夫の会社の規定で、駐在員の家族は、
本人が移動してから3ヶ月以降しか移動できないことになっていました。

夫が香港に行き、勤めていた会社をやめて
さぁ香港移住の準備をするぞー!と意気込んでいた矢先に
妊娠がわかりました。
早く子供が欲しいと思ってはいたのですが、想定外。
大慌てです。

当時ちょっと複雑な生活をしていたため、
妊娠を確認した病院は実家から遠い場所にありました。
そこの先生は海外の事情をよくご存じで
香港にも視察(?)に行ったことがあるようで
「香港なら出産も安心だと思いますよー
でもこちらで産むなら分娩予約してくださいね。」と言われました。

日本で産むならもちろん実家の近くがいいのですが、
実家近くの産婦人科はかなり早くから予約が埋まっているようでした。
先述の病院では分娩時に予約金を払わなくてはいけないのですが、
産める場所がなくなるのではないかとビクビクしてまして
安心を買うつもりで、とりあえず分娩予約しました。

そして後日、実家近くの産婦人科に相談に行きました。
今どちらで産むか悩んでいることを問診票に記入し、診察へ。
問診票に記入されている内容を読み上げ、
「で、我々にどうして欲しいんですか?」の一言。
話を続けるうちに事情は理解できましたが、
前の病院の先生との対応が違いすぎて、もう…辛かった。
要約すると地元の患者さんだけで手いっぱいなので
この病院で産むか産まないが早急に決断してくれとのこと。
どうしてもその先生の呆れたような冷たい言い方が気になって
この先生の病院では産みたくないと思ってしまいました…。
香港の病院がどういう状態かわからないけれど
とりあえず違う病院で分娩予約はしてあるし、
もういいや、とりあえず香港に行こうと気持ちを切り替えました。

そんな矢先、夫の知り合いが妊娠していることがわかり、
ありがたいことに香港に行く前から
出産に関する情報を集めることができました。
医療水準に関しては全く心配がないこと、
診察には通訳さんがついてくれる病院もあることを聞き、
安心して香港に旅立ちました。

このような経験があったため、
香港での出産を検討している方が
少しでも安心できるように情報提供をしたいと思ったのです。

香港についてからのお話はまた今度…。

今日のお天気レポート

今日はとってもいい天気でした。

ここ最近は、例年より早く雨季が来たのか

毎朝どんより、雨ばかりだったので

久々にきれいに晴れてすっきり気持ちよかったです。

 

先週は冬物を仕舞ってしまったのを後悔するほど寒かったのですが、

今日はポカポカ。最高気温は23℃。

風が強いと肌寒いので一応薄手の長袖を羽織って外出しましたが、

歩いているうちに暑くなりました💦

今日はあまり湿度が高くなく(それでも80%とか…w)

とても過ごしやすい気候でした😀

 

▼明日から4日間のお天気

f:id:snow0625:20190312193418j:image

 

週末は寒くなるようですね。

まだ衣替えは早いかなー😑

広東語教室

前回書いた、友人に教えてもらったいい講座はこちら!


f:id:snow0625:20190225130033j:image

 

パソナエデュケーションの広東語取り急ぎコースです。

 

直近の開催予定👇


f:id:snow0625:20190225130226j:image

パソナエデュケーション/広東語レッスン

 

 

何がいいって、その名の通り、3ヶ月でざざっと広東語の勉強ができるところ。

超実用的です。

レストランやスーパーでよく使われる表現など、生活に直結した広東語が学べます。

おまけに、私の時は、デパートのセール情報、スーパーでのポイントの集め方や香港の文化・豆知識まで教えてくれて、一気に香港に詳しくなりました。

定期的に課外授業ということで飲茶や買い物に行くので、実践練習もできます。

受講費は高く感じると思いますが、コスパは抜群です!

一通り習うだけで街中で聞こえる広東語が、習う前より身近に感じられるし、怖くなくなりますよ(笑)

 

それではまた!

広東語の勉強

ブログは毎日書くぞ!くらいの勢いがないと本当に更新が滞るものですね…。あっという間に数ヶ月…。

まだ肝心の妊娠・出産について書けていないわけですが…
こちらのブログ、思いつくままに書こうと思っていたのに、結局同じようなネタは続けて書きたいという意思が働いてしまい、なかなか更新できずにおりました。
このままじゃ更新頻度は上がらない!と思い、今回はちょっと話を変えて、広東語の勉強について私の経験をお話します。

まず、香港へ引っ越すことが決まってから、日本で広東語を習える場所がないか探してみました。
中国の一方言とは言え、香港と日本メーカーの工場が数多くある地方の方言なので教室が存在するのではないかと期待していました。

ところが、というかやっぱり、なのですが、
私の実家近くの地方都市レベルではそのような教室は存在せず…
(東京の方にはありました)

次に書籍を探してみました。
ネットでは中身が確認できないため、大型書店に行きました。
もちろん実家近くの普通の本屋には広東語の本なんてありませんからね…
ところが、大型本屋でさえも、最大5冊しかありませんでした。
そして、そのどれも表紙が古めかしい…
発行年を確認すると、なるほど確かに古い。
改訂があり、最新版の発行年は割と新しいものもありましたが、中身を見ると白黒&文字ばかりで非常にわかりにくい。
どれもこれもそんな状態で独学で勉強することは諦めました。

香港に引っ越したら何かしら習う機会があるだろうと期待して広東語能力0で引っ越しましたが、友人のおかげでよい講座と出会えました。
そちらについてはまた今度…。
今日のところはこれで。おやすみなさい!

香港の医療事情:救急車

日本では適正利用を呼びかけられている救急車ですが、

こちら香港では気軽に呼んでいいらしいです。

とりあえず何か心配であれば呼んで、

病院に搬送すべきかどうかは救急隊員の方が判断してくれるそうです。

指を切っただけで呼ぶ人もいるんだとか。

そういえば救急車が走ってるのよく見るな。

 

電話番号は「999」

ここで最大の難関(私にとっては)。

英語で症状を伝えなければいけないんですよねー。

救急車を呼ぶほど慌てる状況なのに

事前に英語を調べてから電話しなきゃいけないという…。

私はここで大失敗…

 

息子がプラスチックの部品を誤飲したかも!?という状況が

夫の帰りが深夜になる日に起こりまして。

救急車は気軽に呼んでいいと聞いてすぐのことだったので

もうどうしたらいいかわからないから救急車を呼んでしまおうと

999に電話をかけたわけです。

 

英語に自信がなければ、最初に "I'm Japanese." と言えば

易しい英語で話してくれるとのことだったので聞いた通りに

日本人であることは伝えたものの、続きが出ない!

誤飲ってなんだ?!「かも」ってどうやって言うんだっけ?!とパニック。

結局何もまともに伝えられないまま、住所だけ伝えて来てもらいました。

 

緊急性はなさそうだけど念のため病院に行きましょう、ということで

救急車で最寄りの公立病院に運ばれ、レントゲンを撮りました。

結果、何も映らず、プラスチックは映らないのよね~と言われ、

じゃあ撮らなくてもよかったじゃん!と言いたくなりましたが言えず(苦笑)、

経過観察のため、大きい小児科の病棟がある病院へ

救急車で送ってもらいました。なんだかVIP待遇。

 

この頃には息子はご機嫌。

救急車を呼ぶか悩んでいるときにギャン泣きしていたのは

口の中を私が引っ掻き回したからなんだな;;

そして結構重症な患者さんが多い大部屋に入院。

一人超元気で居づらかったので、

夕方まで様子を見る予定だったのに午前中で帰してもらいました。

 

お会計の時にパスポートを持っていなかったので

息子がちゃんと香港に住んでいる(VISAを持っている)か

確認が取れず、一旦、1000ドルくらい払いました。

公立病院で払うには超高額!

そして後日、同じ病院に行き、

パスポートを提示してお金を返してもらったのでした。

 

救急車を呼ぶときは香港ID、パスポートをお忘れなく!

 

以上、救急車体験記でした。